生命保険

HOME > 生命保険

無駄な保険料を支払うのは、もうやめよう

 

保険に加入しないこともひとつの選択肢。

「保険は難しい」そう思っていませんか。保険会社のプランや設計書を見てもよくわからない、と諦めないでください。実はとてもシンプルなのです。基本は2つ。病気や怪我での入院・手術に備える医療保険と死亡時に備える死亡保険。この2つに加入しておけば良いだけです。あとは内容と期間を決めるだけ。日本には健康保険や遺族年金など充実した社会保険があるので、ご本人やご家族を最低限守ってくれます。だから、民間の保険には加入しないことも選択肢の一つです。

※社会保険とは、社会保障の分野のひとつで、国民を強制的に加入させて保険料を徴収し、病気・老後・障害などの場合に国が
一定の給付を行う仕組みです。

 

何から考える?まずは社会保障制度を知ること。

まず皆様が必ず加入している社会保障制度が、万が一のとき、どのように私たちをサポートしてくれるかを知ることからスタートです。社会保障では足りない部分を民間の保険でカバーしていくことが「保険」の考え方です。勧められたプランでよくわからないまま加入していると、保障が重複していたり抜けていたりして無駄な保険料を支払ってしまいます。まずは社会保障制度を良く知ること。来店型保険・FPサロンのTICではこの制度からご説明します。

ライフステージで保険を考える

見直しは必要?

必要です。家族構成や状況も変化していきますが、現在では医療技術の発展にともない医療制度も年々変わっています。医療制度の変化に合わせて保険商品の内容も変わります。以前は入院は長くできましたが、現在は医療点数の削減から入院は長くできません。一方、最先端の治療も増え、健康保険適用外で実費を負担することも増えてきました。時代に合わない保険に加入していたら、いざ入院した時に古い制度の給付対象で、保険給付金が少なかったり最先端の治療費がまかなえなかったりと、無駄な保険料を支払うことになります。今は約3年ぐらいで保険を見直し確認することが重要になってきています。

保険選びの実態

オンライン予約

個別相談の流れ

スタッフ紹介

採用情報

Q&A

お客様の声

取扱保険会社